Human Life

やりたい放題 野放しオヤジ

連休

久々に世間と同じく連休を頂いた私。

サービス業の私にとっては新鮮でした。

が!

どこでも人!人!

当たり前だかな(^Д^)

 

しかも!

 

今までは代休で連休以降の休みだったので料金も安かったが!

 

知ってはいたが、二割ほど高い!

 

とは言え、久々に旅行。

 

2泊だが、鋭気は養えた。

 

旅は。

「どこ行った」

かも思い出だが。

「誰と」

行ったかの方が思い出に残るもの。

 

その一瞬を大切に、互いに感謝し、健康で過ごしたいと思う旅行だつた。

 

@沖縄

f:id:mkjn-surfing0001:20170717210538j:image f:id:mkjn-surfing0001:20170717210554j:image

f:id:mkjn-surfing0001:20170717210852j:image

 f:id:mkjn-surfing0001:20170717211508j:image

 

ネット販売 炸裂?

Amazonセール 配送増に懸念は | 2017/7/10(月) 7:59 - Yahoo!ニュース

 

 

f:id:mkjn-surfing0001:20170710211156p:image

 

ネット販売の便利さ、ネット端末の普及。

 

ネットの便利さが1日24時間を無くし人が起きていればいつでも「買える、調べる、知る」

 

何だかんだ私も夜中に利用はしている1人だが運送業経験者として問題は大きい。

 

以前は高給な部類の運送業イメージだが、今となってはそれほどでも無くイメージ的には給料に対して合わないが先行されている。

 

物量の伸びは尋常では無い。

 

大手配送業社の伸びは数十パーセント。

ところが……小規模、下請け配送業社はと言うと。

約3倍の伸び。

 

まかなえれば、会社としては売上上々!

だが手放しでは喜べない現実は限界に来ている。

 

私は大手通販サイトの会員であるうえ、今週から多くの特価セールメールがそこから来ていて……

 

おっ!

お得か!

ラッキー!

 

と思ってしまう。

 

必要なときに必要なだけ

 

この意識は少しは持つべきかもしれない。

 

 

ECビジネス

携帯、タブレット、パソコン。

もう今や持っていて当たり前。

24時間、365日どこにも繋がる。

 

 f:id:mkjn-surfing0001:20170707214041j:image

 

寝ても起きてもネット。

と言うよりも、猫も杓子?

気づけば片手に携帯。

そして人にぶつかる( ´艸`)☆ドカーーーーン☆( ´艸`)

携帯落とす→画面破れる……

 

(´-ω-)ウム……前置きが長くなりました。

 

ECビジネスは勿論その中から生まれた。

 

誰しもが1度はECビジネスを考えた事もあるでしょう。

 

世界中誰でも立ち上げたECサイトを見れるぶん当たればデカイ!

 

1度に多くのビジネスチャンスを広げることも特徴的だ。

例えばネット販売しながらトレードしたり他のサイトの紹介やら何でもできる。

 

チャリンチャリンとお金が手元に。

 

と。

 

ここまでは何とも楽?

稼げる〜など思われた方。

いや~そうはいかないぞと思われた方。

いることでしょう。

 

当たり前ですがどの様なビジネスにも長短ありです。

 

水が熱湯になるように湧き。
すぐに冷える。

泡のようにブクブク。
すぐに無くなるか小さくなるか。

 

保つのは難しい。

 

f:id:mkjn-surfing0001:20170707214224p:image 

 

やるかやらないかは本人次第。

 

でもね。

 

ECは当たればデカイと言うより変化が大きいかもしれない。

 

会社勤めの人がその何倍も稼ぐ私の周りにいますが…

定期的にサイトを見ますが「not found」となる時が多いのも現実。

 

聞くと新たちほかを始めたと(´-ω-)ウム

 

でもそれで成り立っているのだからたいしたビジネスセンスと反面思う。

 

EC恐ろしい😱

 

稼ぐ……大変だ(^Д^)

藤井4段 将棋 敗退

勝負。

 

字のごとく。

「勝」

「負」

 

2人に与えられたこの字。

 

勝負の世界には「勝ち続けもの」「負け続けるもの」「勝ったり負けたりするもの」

この三ついずれも勝負の世界は巡り巡り経験すること。

 

ホンマモンの勝負は。

やりとげるではなく続けること、継続という勝負。

それには「継続」しかない。

 

佐々木五段の言葉。

「我々の世代で止めないと波にのまれる」

この言葉こそ勝負の継続性を知っている言葉だと思う。
波は大小止まることなく継続的に押し寄せてくる。
決して止まることは無い。

 

 

 

PREMIUM FRIDAY ??

政府政策、景気対策

 

どれほどの企業がこのPREMIUM FRIDAY 実施について考えているだろうか?

 

ニュースのインタビューではあまり聴かれず、仕事がたまるやお得意先さんとの兼ね合いで無理など例え会社が導入していても難しいとの声がある。

 

どこの企業かは忘れたが、定時退社17時だと思うが完全導入、徹底をするために社長が全てのお得意先、社員家族に定時退社の主旨を送り協力を得たという。

 

その中の文面で社員の健康が一番に掲げられていました。

 

社員がいなければ会社は成り立たず。

会社がなければ社員は勿論成り立たない。

 

この根本的な原理というのか?

当たり前だか当たり前でなくなり日本社会のみならず働く全ての環境、経済成長が自然と労働時間を長くしてしまったのだろう。

 

この先このPREMIUM FRIDAYが全ての企業が当たり前に実施することは残念ながら無いかと。

 

もし、あるとするならば……

24時間営業もなくさなければ難しいのではないだろうか。

24時間ほぼ何不自由無く手に入る時代。

便利さ故。

そりゃ~労働時間が自然と長くなりますわ(笑)

 

PREMIUM FRIDAY NOW……

夜勤行ってきますチ───(´-ω-`)───ン

f:id:mkjn-surfing0001:20170630210532j:image

 

 

 

魔法

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

この魔法は何回使えるのか?

 

使える回数にもよるが一回なら。

 

今膝に水が溜まり痛くて痛くて……

整形外科で水抜きをしていますのでとにかく早く健康体に戻りたい!

魔法で健康体に戻してもらいたい(* ̄m ̄)

今ほそれだけでいい。

 

何回も使えるならば……

 

ん~

そうだな〜

 

正直思いつかない。

 

今はただただ健康体に戻して欲しいという魔法だけしか思いつかない。

 

人は健康でないと本当のありがたみや幸せは分からないかもしれないな。

 

欲は大切だけど日々体に支障がなく生活していると当たり前になり変な欲が出てきてしまうものかなしれない。

 

忘れてはならない一番大切なことは健康体であること、この欲を先にも後にも忘れて欲を出してしうと魔法ではなく悪魔となりうるかもしれない。

貧困に喘ぐ女性の現実

スマホ販売員が風俗で働かざるをえない事情 | 貧困に喘ぐ女性の現実 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

ここ数年貧困格差が広がっていると良く耳にする。

貧困と聞くと括りとして家庭や国などを先に思い浮かべることでしょう。

 

最近はその括りが細分化されて表沙汰になっている。

 

特に女性の貧困を耳にするようになりました。

 

これは何を意味するか?

 

考えてみると男女雇用均等法が制定され一昔前よりは働く上での格差は少なくなったことは事実。

 

だが、ここに問題があるような気がする。

 

女性も男性同様の待遇や給料を貰えるようになり、これが理由かは定かではありませんが婚期も高くなり男性も女性も結婚についてはマストでは無くなっている。

 

ただこれは一握りでありと言いたいところだからそうでもないらしい。

世の中の動向で独り身の女性が増え働かざる負えなくなりこの問題が多くなっているように思う。

 

それが故に売春、買春の闇が深くなり問題もおきている。

 

詳しくはわかりませんが、お金を手に入れるだけを考えれば、簡単に言えば手っ取り早いかもしれませんがリスクは大です。

 

男性として考えさせられる女性の貧困の先にある現状。

 

 もし自分の女性友達にそのような人がいたらどう対応するのか?

 

友達をやめるか?

今まで通りか?

辞めることを勧めるか?

仕方ないと思うか?

 

本人にしたらと思うと何とも慎重になってしまうだろう。

 

無くなる職種でもないし、でも無くてはならないものでもないし。

 

とにかく1つ言えるのは‥‥

 

体は大切にしてほしい‥‥